CADオペレーターについて

CADオペレーターはいろいろな働き方ができる!雇用形態や種類についてご紹介します

CADオペレーターの働き方

こんにちは、CAD子です。

CADオペレーターにはいろんな勤務形態ができるのを知っていますか?

CADオペレーターは派遣やパート・アルバイト、正社員やフリーランスなど様々な働き方があります。

それぞれの働き方について詳しく紹介します。

パート・アルバイト

アルバイトやパートで働くCADオペレーターは、フルタイムや時短勤務、曜日や日数などを選べるのが特徴でしょう。

仕事内容は、CADの基礎からしっかり学べるところもあれば、雑務程度しか任されない職場や事務などの業務を兼任することもあります。

いずれにしても、採用される業界や職場によって異なるでしょう。

アルバイト・パートのCADオペレーターは、未経験者OKの求人も多くあり、未経験者や経験が浅い人でも採用されやすいというメリットがあります

働きながら少しずつCADを学び、業界の知識を身につけたり、資格取得を目指したりすることも可能です。

アルバイト・パートの時給は、未経験者であれば900円~1,200円程度が多くみられました。

ですがスキルと実績を積めば時給アップのチャンスも期待できます。
実務経験ありで時給1,700円の求人もありましたよ!

CADオペレーターにおすすめ転職サイト
【実際に登録して良かった】CADオペレーターにおすすめ転職サイトをご紹介自分でじっくり探したい!という方や、エージェントを併用して求人を探したいという方のために、CADオペレーター求人を探すのにおすすめな転職サイトと転職エージェントを紹介します。 また、企業の口コミサイトや転職活動な便利ツールがあるサイトも紹介します!...

派遣社員

CADオペレーターの勤務形態としては、派遣社員が代表的ななものではないでしょうか。

求人でも派遣のものが多く見られると思います。
繁忙時期に合わせて短期間雇用されるケースも多いようです。

派遣社員の仕事内容としては、設計士やデザイナーの指示をもとに製図し、必要に応じて修正するのが主な業務です。
また、雑務や事務を兼任などという業務内容の場合もあります。

わたしも製図と電話応対やファイリングなどの雑務もこなしていました。

派遣のCADオペレーターの時給は、未経験で1,100~1,500円程度、平均月収は22万~28万円程度が相場ではないでしょうか。

CADのスキルと実務経験などの実績がある人は、時給3,000円以上という求人もあり、未経験者と経験者の時給の差は高いです。

派遣社員として働くメリットとして、働きながらCADのスキルを身につけられ、キャリアアップを目指せることです。

また、時短や勤務先などを選ぶことができ、自分のライフスタイルに合わせて働けることもメリットですね。

ただし、未経験者の場合は事務作業やアシスタント業務がメインとなることも多く、職場によってはCADのスキルがなかなか身につかないこともあります。

CADオペレーターにおすすめ派遣会社4選
CADオペーレーターが選ぶおすすめ派遣会社と未経験者の企業選びのポイントCADオペレーターに強いおすすめの派遣会社を紹介しています。また、未経験者がCADオペレーターに仕事につく場合の派遣企業の選び方のポイントについても解説 ...
派遣選びのポイント
CADオペレーターになるために派遣会社を選ぶときの注意点派遣会社といっても雇用形態に種類があることをご存知ですか? それは、一般的な派遣社員といわれる一定の期間を定めて雇用される「登録型派遣」と雇用期間の定めない雇用契約を派遣会社と結ぶ「常用型派遣」です。それぞれの違いやデメリット・メリットなどを自分の体験も含めて詳しく解説します。 CADオペレーターになるために派遣会社を選ぶときの注意点をまとめています。...

正社員

実務経験を積めば将来、設計士やデザイナーなどキャリアアップを目指す人や、企業の即戦力となれる人は正社員として採用されるケースが多いでしょう。

未経験者の場合は、事務処理や雑務など、他の業務と兼任してCADオペレーターとして採用されることもありえます。
入社数年間は業界知識を1から学んで、設計士やデザイナーの補助業務を中心に行います。

正社員として働くCADオペレーターの平均年収は300万~400万円程度で、平均月収は24万~32万円程度だといわれています。

業界を問わず、CADのスキルと実務経験が最重視される職種なので、経験が長くなるほど給料や年収の差が出ることが特徴的です。

未経験者のCADオペレーターの採用率が最も高いのは、20代前半だといわれています。

学生のうちにアルバイトとして現場で経験を積んでおけば、就活の際にもアピールできる強い武器となります。

CADオペレーターの正社員になる方法
CADオペレーターに未経験から正社員へ!その方法とは?CADオペレーターに未経験から正社員へ!その方法をCADオペレーター実務経験10年以上のCAD子が詳しく解説しています。...
CADオペレーターへ転職
CADオペレーターにおすすめ転職エージェント5選と転職を成功させるポイントCADオペレーターに転職を希望している人のためにおすすめ転職エージェントの紹介です。 転職を成功させるためのポイントも詳しく解説しています。...

フリーランス

活躍するベテランのCADオペレーターのなかには、独立してフリーランスとして働くことも可能です。

多くは会社勤務を経て、実務・スキル・資格を取得したのちに独立するといったケースです。
未経験からフリーランスになるというのは現実的にかなり厳しいのでおすすめしません。

会社員として勤務中に、つながりを作りお仕事をもらうというのが一番いいでしょう。
今は、ココナラなどで依頼を募集したり、仕事を見つけることも可能ですね。

フリーランスの魅力としては、場所や時間に拘束されることなく自分のペースで、自由に仕事ができることでしょう。

ですが、製図業務のほかに、営業や経理、雑務にいたるまで、すべてひとりでこなさなければならないので、仕事量によっては収入が変動しやすいことがデメリットとなります。

フリーランスのCADオペレーターの平均年収は、約300万~400万円程度といわれています。

ただし、フリーランスの報酬は完全歩合制なので、クライアントの数や仕事量によっては月収や年収は大きく変動してしまいます。

リーマンショックのときは、大変でした、、、。
ものづくりは景気によって大きく左右される職種もあります。

在宅CADオペレーター
在宅CADオペレーターになる方法とは?収入や1日のスケジュールを解説フリーランスのCADオペレーターになるのはおすすめしませんが、在宅CADオペレーターになるおすすめの方法を紹介します。ただ、未経験でいきなり在宅でCADオペレーターをするというのは厳しいです。 実務経験をつむや社内教育を受けるなどのプロセスを踏んでからなら在宅CADオペレーターになることも可能です。 在宅CADオペレーターになる方法と自身の経験をもとにメリット・デメリットや1日のスケジュールや収入についても詳しく解説します。...

副業

本業以外で、週末や空いた時間を活用して副業として、CADオペレーターの仕事をする人もいます。
働き方改革やコロナ禍を背景に、テレワークを推奨する企業も増えてきました。

副業でCADオペレーターとして働く大きなメリットは、パソコンとマウス、CADソフト、インターネットに接続できる環境さえあれば、自宅に限らずどこでも作業ができることです。

もちろん副業であってもCADのスキルと実務経験が必要です。
ただし、実績があっても、副業向けの求人自体が多くないことはデメリットですね。

副業のCADオペレーターの報酬は、時給制で1,000~1,200円程度が相場だそうです。

CADの資格取得者や実務経験年数などの条件を満たせば、副業向けの求人にも採用されやすいですし、時給2,000円以上の求人に応募することも可能でしょう。

副業するならクラウドテックに登録がおすすめです!

CAD 通信講座
CADがオンラインで学べるおすすめ通信講座の料金や講座内容について解説!仕事をしながらCADを学びたい人やコロナ禍のため人との接触を避けたい人、スクールに行く時間がない・近くにない人のために、自宅にいながらCADが学べるおすすめオンラインの通信講座の紹介です。...

ブログランキングに参加しています
よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキング