CADオペレーターについて

CADオペレーターはなくなる?将来性と需要、その実態とは。

CADオペレーターの将来性
CAD子
CAD子
こんにちは、CAD子です。

CADオペレーターに興味があるけれど、将来も続けていける仕事なのかな?
CADオペレーターという仕事は将来なくなってしまう、AI(人工知能)にうばわれてしまう、という声もネットでちらほら目にしますよね。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?
このような疑問を抱えている方に向けて、CADオペレーターの将来性やその真相をはじめ、CADオペレーターがこの先どうなっていくか?についてご紹介します。

CADオペレーターはなくなるのか? その将来性は?

CADオペレーターの仕事はなくならない!

結論から言うと、CADオペレーターの仕事がなくなることはありません。

なぜなら、CADはものづくりの業界において、必要不可欠な技術だからです。
建築・インテリア・機械・デザインといった現場においてCADが使われないところは現在では、ほとんどありません。
今後も広がっていくことが予想されます。

ただし「CADソフトの操作ができる」というだけの、トレースCADオペレーターに対する需要は、今後確実になくなっていくと思われます。

CADオペレーターはなくなるという理由はこのことを指していると思われます。

現に、CADが使えるというだけで高い収入を得たりキャリアアップを図ったりすることは、昨今ではどんどん難しくなってきています。

そのため、CADオペレーターが満足な収入を得ていくには、CAD操作のスキルだけでなく、その業界ごとに求められる技術・スキルを身に付けていく必要があります。

10年ほど前には、図面のトレースだけを専門に行うCADオペレーターの求人もありました。

しかし時代の変化に伴って、単純にCADの操作ができて図面を描き写すだけという、トレース専門のCADオペレーターの求人は、もはやほとんど見かけません。

したがって、今後もCADオペレーターとして生き抜いていくためには、設計ができるようになることです。

これから正社員や在宅、独立も視野に入れてCADオペレーターになりたいのであれば、設計者やデザイナーを目指す前提のもと、CADだけではなく製図・設計の技術を習得することが、最も将来性があると思います。

CADオペレーターの仕事はAIに奪われる?

CADの仕事がなくならなかったとしても、その仕事は、AI(人工知能)に奪われてしまうのでは?
AIの発展により多くの仕事が奪われると言われている今、そのような不安を抱く方も多いでしょう。

設計士が手書きで書いた図面を、PC上のデータに起こすだけ、というCADオペレーターは、今後AIに仕事を奪われていくのが予想できます。

しかし、そこにプラスアルファのスキルを身に付ければ、CADオペレーターとしてそれまで活躍してきた人が仕事を失う可能性は低くなるでしょう。

今後、図面をAIが作成することになっても、設計者ごとの癖や傾向を踏まえた修正や、業務上のやりとりなどは当面のあいだは人間が行うことになります。
なぜなら、それらの作業には人間しか出来ない微妙なニュアンスや感情面の理解が必要になるからです。

CADのスキルだけではなく、それぞれの職場や人ごとに違う仕事のコツを身に付けることが、AIに仕事を奪われないための一番の対策でしょう。

CADオペレーターの魅力
CADオペレーターの魅力や楽しさ、やりがいとは?CADオペレーターの魅力や楽しさ、やりがいを実務経験10年以上のCADオペレーターが詳しく解説しています。...

CADオペレーターは今後はこうなる!

CADオペレーターの未来予測

今後は、設計を兼任していくCADオペレーターと、設計補助とWordやExcelなどを使いながら事務も兼任できるマルチなCADオペレーターとの、2パターンなっていくでのは、と思っています。

正社員になりたい方や給与の面でなら、設計を兼任するCADオペレーターを目指し、自身のライフワークに合わせた働きやすい環境を求めているなら、マルチなCADオペレーターを目指すと良いと思います。

CAD 通信講座
CADがオンラインで学べるおすすめ通信講座の料金や講座内容について解説!仕事をしながらCADを学びたい人やコロナ禍のため人との接触を避けたい人、スクールに行く時間がない・近くにない人のために、自宅にいながらCADが学べるおすすめオンラインの通信講座の紹介です。...

3次元CAD技術の需要は今後大きくなっていく

3次元CADの需要拡大

近年、3次元CADを導入する企業も年々増えていっています。
現にわたしも、3次元CADを数年前に導入しました。

将来のためにCADオペレーターが身に付けるべきスキルとして、それぞれの業界に特化した知識やスキルも必要ですが、そのほかに3次元CADの技術が挙げられるでしょう。

設計者の基礎スキルといえば2次元CADですが、それとは違い現在では3次元CADが使える人材は、3次元CADが現場におけるスタンダードになりつつあります。
しかし、いまだに人材不足しているといわれています。

今はまだ3次元CADが操作できるCADオペレーターは、全体的にはまだ少ないのが現状です。
これからの将来性を見越して考えているのであれば、今のうちに3次元CADも扱えるようになっておくと、今後の将来の需要にも備えることができると思います。

設計アシスタントという位置付けでのCADオペレーターは、モノづくりの仕事がこの世にある限り、決して需要がなくなることはありませんが、ただデータ化するだけのCADオペレーターでは将来生き残っていくのは難しいのが現実です。

スキルや技術を磨き、キャリアップをはかりCADオペレーターとして仕事を続けていくために、プラスアルファを身に付けましょう!

CADスクール
CADが学べるおすすめCADスクールの料金や特長について解説!教室選びのポイントとは?未経験からCADオペレーターになるなら、CADスクールでCAD操作や設計製図の知識を勉強するのがおすすめです。 各スクールのCAD講座を徹底調査比較しました。 また、教室を選ぶ際のポイントについても詳しく解説しています。...
CAD子
CAD子
お互い頑張りましょうね!

ブログランキングに参加しています
よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキング